医者が結婚を考える2つの時期

医者の結婚時期の傾向

医者の結婚事情。既婚ドクターが教える今の妻との結婚を決めた理由でコメントしてもらった友人医師に「医者の結婚のパータン」についても聞いてみました。

結婚の時期は大きく二つに分けられる

医師の結婚パターンは大きく2つに分けられるそうです。

一つは在学中、もしくは大学卒業と同時くらいの時期に結婚してしまうパターン。超多忙な研修医になる前に、大学時代の恋人と結婚してしまうパターンです。 医者を目指す者、その将来が約束されているようなものですので、両家のご両親とも結構すんなり結婚を了解してしまうようです。

もう一つのパターンは、2年間の研修が終わり、一応医師として自立できるようになった20代後半から30代半ばまでの時期に、いろんな出会いのケースから相手を選んで結婚するパターンです。
同僚医師・ナースや病院スタッフ、患者やその家族、そして結婚相手紹介サービスなどでの出会いですね。

医者としての道もはっきりと先が見えるようになり、研修医時代の閉鎖性と多忙さからも抜け出し、、さあ相手をみつけるか!というわけだそうです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます