お医者さんの平均年収ってどのくらい?

医者の給料

女性の永遠の夢「お医者さんとの結婚」
医者といえば「高給取り」の代名詞のように見られていますが、実際に日本の医師たちはどの位の給料を貰っているのでしょうか?

勤務医の平均月収は約86万円(平均年齢38歳)。
ボーナス抜きで考えたとしても、年収は1千万円!!を超える金額です。
同年代のサラリーマンの平均月収が40万円強である事を考えると、かなりの高収入ですねー。

また厚生労働省の調査では、医師(勤務医)の平均年収は1228万円とのこと。

やはりどう少なく見積もっても、医者は年収1千万円以上の高給取りな職業である事に間違いはないでしょう。
しかもこれが開業医ともなると、月収は”250万円”というレポートもあります!

もちろん国立大学病院と民間の私立病院では給与には差がありますし、診療科によってもお給与に違いがあります。
一般に歯科や眼科などはお給料は低めで、外科系は高額!また私立病院のほうが高額になっているようです。

歯医者はもうからない

特にオペに携わるようなクラスになると、給料以外にも手術を受ける患者からの「謝礼金」があります。しかも謝礼金に関してはほとんどの医師が無申告にしているので、まるまる自分の懐に…。なんと医師への謝礼金市場は年間2700億円にものぼるそうとも!

研修医の収入

かつてはハードな労働に加えて、月収は10万円と言われていた研修医も、2004年度からは月収30万円程度にするよう国の勧告が下りました。徹夜勤務は当たり前の研修医の勤務状況を考えると、明らかに労働基準法の最低賃金を下回るような状況でしたから、ようやく改善の兆しが見え出したことになります。そして研修期間終了後、正式な医者になればすぐに月収50~60万円に跳ね上がります。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます