どうして婚活は流行っているの?成功する婚活の手掛かりを求めて

日本人の結婚年齢の統計

自分の置かれている「婚活」を一度きちんと見つめ直すことで成功への手掛かりを考えてみたいと思います。

晩婚化の進行

どうして「婚活」なんて言葉が流行り始めたのでしょうか?その背景には結婚しにくくなった現代の時代背景があるようです。

婚活が流行っている背景には、ライフスタイルや価値観の多様化によって「晩婚化」が進んだことがあげられます。

日本を始めとした先進国ではどの国でも晩婚化の傾向にあると言われており、日本人の平均結婚年齢は女性が27.4歳、男性が29.3歳となっています。これは10年前と比べて2歳以上もあがっているようです。

ちなみに30年前というのは、20歳代で結婚する人が男性で半分以上、女性では約5人に4人だったそうです。

夫婦間の年齢差と結婚相手の希望年齢

逆に夫婦の年齢差はどんどんと縮まってきており、現代では平均およそ2歳差と言われています。
また結婚相手に希望する年齢はというと、、

  • 女性(男性に希望する年齢):29.6歳
  • 男性(女性に希望する年齢):26.1歳

夫婦間の年齢差が2歳ですから、男性が若い女性を好む傾向であるのがわかります。
ではどうして晩婚化が進んでいるのでしょうか?

女性の社会的地位の確立と若年層の経済的不安定感

晩婚化が進んでいる最も大きな原因は、女性が社会で活躍できる機会が増大したことにあります。
戦後にはまだまだ残っていた男尊女卑的な価値観ももうすでに風前の灯、女性も努力次第で地位も金銭も得られる時代になったことが最大の要因と言えます。

その結果仕事に価値を置き、没頭する女性が増え、結婚なんて二の次という状況が生まれてきたとともに、結婚することで育児問題が出てくることを避けるために晩婚化が進んでいると考えられます。子どもが生まれれば仕事を休まなければなりませんし、仕事に全精力を傾けることが困難な状況も出てきてしまいます。

またバブル崩壊以降の低賃金化のしわ寄せを若年層がもろに食らっているために、結婚適齢期である20,30代の男性が結婚を躊躇しているという現実があります。

1人暮らしも大変と言われているこの不況の中、家族を養える自信が無いという不安当然のものであり、これが晩婚化を進ませる要因となっているようです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます